美味しく出来上がる圧力鍋

出来上がりにも差があるのか電気とガス

電気の安全性

ガスを使った圧力鍋は一定の温度になると蒸気を逃がすためにおもりの部分が上に上がりそのタイミングで火力の調整が必要になります。
ピーと言う音で知らせるのですがその音が気になると言う人もいるようです。
圧力の調整のためには蒸気を逃がすことが必要となるのですね。
正直かなり厚い構造になっているので危険なのではと怖いと感じる人も居ると言います。
調整に使うおもり式スプリング式の圧力鍋は取り扱いが難しく、過去にも事実爆発事故が起こっています。
豆類などの皮が張り付いてノズルの調整ができなくなったなど理由は豆類以外にも食材によってはやはり危険が生じる場合もあるようです。
勿論きちんと管理すれば問題は殆どありませんが、万一を考えると調理場に付きっりで見張る必要もありそうですね。
この様なことから安全性は電気のほうが高いと感じての人気とも言えます。

お任せで手間暇いらず

ガス式にはメリットが全くないかと言うとやはり手間暇かけるだけのことはあり、メンテナンスさえできていれば自分に合った調整で拘った料理が作れるとも言います。
電気式は自分流の調整は出来ませんがそのまま放置で料理が完成するのはとてもありがたいですね。
初めての料理では失敗することも多いのですが、電気圧力鍋ならレシピ通りで失敗がありませんから経済的でもありますね。
ガス代と電気代に関してはそれほどの違いはありませんがこの様に材料を無駄にしてしてしまう事がないのは主婦として助かります。
電気式は沢山の機能が付いているので、作ったことのない料理でも設定するだけで美味しくできてしまうので初めて圧力鍋を使う人には向いているかもしれません。


この記事をシェアする